病院

頚椎椎間板ヘルニアは我慢が禁物|治療をして生活をラクにしよう

進化型の放射線治療機器

患者

患部を自動で追尾

サイバーナイフは追尾機能を備えた放射線治療装置です。サイバーナイフによって、頭部や頸部のがん組織に対する治療がより行いやすくなりました。頭部のがんの中でも治療が難しいとされる、頭蓋骨の内部にできるがんにも対処できるようになったのです。人の手でレーザーメスなどを使ってがん組織を除去する場合、かすかな手のぶれなどがあると腫瘍部を切除し損なったり健康な組織を傷つけてしまったりするおそれがあります。しかし、サイバーナイフには治療すべきポイントを自動で追尾するという機能が備わっています。しかもこの追尾機能は、ポイントに1回放射線を照射する度に作用するので、治療していくうちに患部の位置がずれてしまうというような心配がいりません。

患者の体勢が楽に

頭部や頸部のがん組織を治療できる放射線装置はほかにもありますが、サイバーナイフが特に人気なのは治療を受ける患者の体勢がより楽になったためです。放射線治療においては放射線を必要のない部位に当ててはいけないので、これまでの治療装置では患部が微動だにしないようしっかり固定する必要がありました。ですがサイバーナイフの場合は機械が自動追尾してくれるため、患者にとって治療を受ける際の負担はずっと軽くなったのです。また、自由診療ではありますが、前立腺がんの治療にも使えるということがサイバーナイフの人気の理由のひとつとなっています。さらに、従来の放射線治療機器では治療できなかった転移性の肺がんや肝臓がんの治療も可能になっています。