病院

頚椎椎間板ヘルニアは我慢が禁物|治療をして生活をラクにしよう

脳血管の先天奇形

看護師

脳出血やけいれんで発見

血管は心臓を出た動脈が身体の末梢部分で毛細血管になり、そこで酸素や老廃物の交換を行います。毛細血管はその後、静脈となり心臓へ戻ってきます。ここを血液が循環することによって身体は生命を維持しています。この仕組みは脳でも同じです。脳動静脈奇形とは、胎児期に脳の血管ができあがる途中でこのつながりがうまくいかず、異常な血管(ナイダス)で動脈と静脈が直接つながってしまった先天奇形です。小児期には特に症状はでませんが、成人になると毛細血管で分散される動脈からの血液の圧力を直接受け続けた静脈部分がしだいに耐えきれなくなり、さまざまな症状が起こるようになります。代表的なのは血管が破裂してくも膜下出血あるいは脳出血になるケースです。けいれん発作を発症したり、認知症、手足の麻痺、頭痛なども起きてくることがあります。

外科的治療法が第一選択

出血を起こしていない脳動静脈奇形でもCTやMRIなどの画像診断でわかることがあります。出血を起こしている場合は、出血場所を特定するために脳血管造影検査をおこない、最終的な診断となります。脳動静脈奇形を治せる薬はありません。出血を起こしたり、けいれんが出ている人だけでなく、現在特に症状がない人でも将来はそれらの症状が出たり再発したりする危険性は高いですから、何らかの治療をおこなうのが基本です。第一選択は開頭術によってナイダスを除去することです。これが一番確実で根本的な方法ですが、ナイダスができている部位などによって手術の難しさに差があり、手術に伴うリスクも高いものがあります。次にカテーテルを脳動静脈奇形部分まで入れそこを薬液で塞ぐ方法がありますが、大きなナイダスでは難しく、補助的にしか使えません。三つ目はガンマナイフという特殊な放射線治療です。病変部位に集中的にこれを当てることにより、脳動静脈奇形を塞いでしまいます。開頭術に比べると身体への負担は小さく、手術が難しい部位ならばこの方法を取ります。ただ、ナイダスが閉塞するまでに2,3年はかかるということは理解しておきましょう。